送別会 挨拶

送別会での挨拶には送られる側、
送る側と挨拶がありますね。

お酒の入った送別会では気持ち良くなってしまって
酔ってしまい最後の送別会の挨拶が失敗してしまわない様に、
まず気をつけましょうね。

送られる人は、わざわざ送別会を開いてくれた事と、
今までの仲間への感謝の気持ちを込めて
送別会の挨拶をしましょう。

送別会の挨拶は最後の仲間への言葉になるので、
送られる人は行き当たりばったりの挨拶ではなく、

事前に挨拶の内容を一週間前位には
準備しておくのが良いでしょう。

送別会の挨拶の構成としては、
心に残る挨拶を一番に考えて話すと良いでしょう。

送別会を開いてくれた事への感謝、
楽しかったり苦労したりした思い出話、
上司や恩師や同僚や先輩や後輩などへの感謝の気持ち、

今までの仕事や行ってきた事への思い、
そこで学んだ事、今後の目標や抱負、
送ってくれた人達へのアドバイスや期待等、

エピソードを交えた挨拶は、
聞いている人も盛り上がって聞きやすいでしょう。

送る側の送別会の挨拶は別れを惜しむだけではなく、
感謝の気持ちや送別会後の生活や

活動に向けての励ましの言葉を交えて、
自分なりの気持ちを素直に伝えましょう。

心がけるのは、お別れだからといって湿っぽくならない、
送る人が沢山いる場合は全員の名前を呼ぶ。

今後に向けて希望の持てる言葉を告げる、
そして長話にならない事、これが結構大切です。

また送別会では、送る側はいきなり挨拶を
頼まれる場合がありますので、

しどろもどろになって、場を白けさせてしまって、
失礼になったりするので気を付けましょう。

逆に送別会で挨拶出来なくても、
挨拶しておきたい場合などあると思いますので、

最後ですし、自らその人に近づいて行って
直接挨拶をするととても喜ばれますよ。


スポンサード リンク

送別会の贈り物やプレゼントは、
実用的なものが定番なのですが、
大切なのは送別する気持ちではないでしょうか。