送別会 案内

送別会の案内では送別会の開催日を決めてからでないと、
案内を出す事も出来ませんから、

まず送られる人の都合の良い日を複数あげてもらって、
後は予定参加者全員に、

いつが良いか打診して候補日の中で
一番参加者が多い日を送別会開催日にしましょう。

でも是非とも参加して欲しい人や上司、
恩師などの予定も優先する必要があります。

送別会の案内の仕方には色々あって、
最近は便利になってメールで済ます場合も多いですが、

会社や学校などは、掲示板などに告知のポスターなどを貼ったり、
チラシを配る等の送別会の案内も出来ます。

しかしメールを見忘れたり、ポスター、チラシ等だと
気がつかなかったりと
参加表明も曖昧になりがちなので注意しましょう。

参加予定者から出欠の連絡が無い場合は
フォローする事も大切になります。

公的な送別会の案内の場合メール等では失礼にあたりますので、
必ず文書化して往復はがきで郵送し、
出欠の確認を必ず行える様にしましょう。

この場合も大切な人から返信が無い場合は、
出し忘れて居る場合もありますのでフォローしましょう。

また送別会の案内ですが、招待する人(送られる人、来賓の方)には
「招待状」と言う形になります。

招待客には原則費用は知らせないので
「招待状」と「案内状」
二通りの送別会の案内が必要になります。

案内文の内容は、送別する人(主役)、
開催日時、場所、会費、出欠の確認です。

送別会の案内は出来るだけ早く行って、
早めに出欠の連絡をもらえる様にしましょう。

会場の広さや料理の数などに影響してきますのでとても大切です。


スポンサード リンク

送別会の贈り物やプレゼントは、
実用的なものが定番なのですが、
大切なのは送別する気持ちではないでしょうか。